運命の中古マンションに出会えたら。

たくさんの色々なマンションを見て、ようやっと運命のマンションに出会え、これを買おうと決断をした時には、次のステップに移って行く事になります。

次のステップとは何か、それは、物件を押さえて、売主さんに対して、正式に購入の意思表示をする事です。

不動産は高額なお買物になりますので、後々、言った、言わない、という事が起こらない様に、書面でこちら側の意志を表示する事になります。

その書面(購入申込書・買付証明書)に希望の条件を記入して売主さんにお渡しするのですが、ここで価格交渉や引渡し条件を提示して、実際の交渉に入る事になります。

ここで重要な事は、不動産の購入申込みについては、不動産業界の慣例で、この購入申込書は入った順に、そのマンションの交渉の順番が決まるという事です。

例えば、とても人気のある新物件のマンションが出て来て、他にも多くの人がそのマンションの内覧をした場合、買いたいと思った人が複数出て来る事もありますよね。

その場合、買いたいのだけど、少しだけ検討している間に、他の人が先に購入の申込みを書面でしてしまったら、その人が一番手となり、そのマンションの売主さんとの一番目の交渉権を得てしまう事になるのです。

つまり、その後に購入申込みを入れたとしても、それは二番手の扱いとなって、売主さんと一番手の人との交渉が決裂して始めて、二番手の人に交渉権が回って来る事になるのです。

一番手の人が交渉決裂になるのは、どの様なケースが考えられるかと言いますと、例えば、無理な価格交渉をして、それを売主さんが断られる場合が考えられますが、基本的には、人気のある新物件の場合は、価格交渉は難しいですし、買う側もそこら辺は理解している事が多いので、このケースで交渉が決裂する事は稀でしょう。

お話が流れてしまう最も多いケースは、住宅ローンが難しい場合だと思います。

通常、購入の申込みをした場合には、価格などの交渉と同時に、住宅ローンを利用して購入する場合には、事前審査を金融機関にお願いする事になります。

不動産業者の営業も、住宅ローンの知識はありますので、あらかたのお客様の属性をお聞きすれば、その方が住宅ローンが通る方か否か、すぐに試算する事が出来ますし、大丈夫そうな方には、その上で、金融機関に住宅ローンの事前審査をするのです。

不動産業者が試算をする段階で、住宅ローンが難しそうな方の場合は、一番手で押さえる事すらしない事もありますが、ギリギリの場合はやはり事前審査をする事になり、それで否決となった場合は、交渉決裂となりお話が流れてしまいます。

しかし、人気のマンションを見て、すぐに購入の意思表示をする様な方は、かなり不動産取引の下知識もあるでしょうから、住宅ローンでお金が借りれるかは既に調べている事も多く、実際問題としては、交渉毛吊れとなってお話が流れ、二番手にお話が回って来る事は少ないので、二番手になってしまうと、ほぼ購入する事は難しいと考えて頂いた方が良いと思います。

参考までに、この購入申込書(買付証明書)には、法的な拘束力はありません。

不動産の売買契約書の様な正式な書面の場合は、契約書に署名・押印した後は、約束を守らなければペナルティが課せられますが、購入申込書の場合はそうはなりません。

購入申込書に記入して、署名・押印した上で売主さんに提出した後に、やっぱり買うのをやめる、という事も可能です。

しかし、買うか買わないか中途半端な気持ちの状態で、取り敢えず押さえておこうという感じの購入申込みは、売主さんに失礼な事ですし、機会の損失を与える事になりますので、その様な事は控えて頂いた方が良いと思います。

→→→ 住宅ローンの事前審査をしましょう!