売買契約の前に、重要事項説明を受けて頂きます。

気に入った中古マンションが見つかり、購入の申込みをして一番手が確定し、不動産の仲介業者に価格などの条件面を売主様側と交渉してもらいながら、同時に、住宅ローンの事前審査をして来ました。

そして、無事、住宅ローンの事前審査の承認が出て、マンションの購入の資金繰りも目途が付き、そして重要な事、価格や引渡し日などの交渉事もまとまりましたら、いざ、中古マンションの売買契約をする事になります。

しかし、不動産の売買契約に入る前には、買主は不動産業者の宅地建物取引士(以前の、宅地建物取引主任者)から、契約する中古マンションの詳細のご説明を受けて頂く事になります。

これが重要事項説明と言われるものになりますが、内容は、買おうとしているマンションの事、どの様なエリアにどの様な建物が建っているのか、登記されている権利の種類や内容のご説明などなど、また、売買価格や契約の解除に関しての事などの、取引の条件に関する事などが記載された、文字通りの重要な事柄のご説明になります。

重要事項説明は、売買契約に関わる当事者間のトラブルや損害の発生が起こらない様にする為の物ですので、とてもとても重要です。

この重要事項説明に関しては、一般的にはご契約の当日に受けて頂く事が多いのですが、専門的な言葉がたくさん出て来ますので、聞いてすぐに理解出来ない事もあります。

ですので、契約日以前に、しっかりと宅建取引士からご説明を受けて頂き、しっかりと理解をして頂いた上で、ご契約に臨まれても良いと思いますし、もし、忙しくて時間が取れない様でしたら、可能であれば、事前に重要事項説明書を業者から見せて頂き、下読み位はしておいた方が良いかも知れません。

そして、疑問点があれば、事前に質問事項をまとめておかれ、宅地建物取引士から重要事項の説明を受ける時に、必ず、宅建取引士に質問をして、明確にしておいた方が良いと思います。

更地の上に建物を建てる場合の土地の契約の重要事項説明の場合は、その土地にはどの様な建物が建てられるのか、あるいは建てられないのか、想像していた建物が建たないとなると大変な事で、建築基準法の大事なポイントの説明がありますので、建築士の先生にも予め、目を通して頂きたいほどのとても重要な事ですが。

中古マンションの重要事項の説明の場合は、既に法令に基づいた建物が建てられている事になりますので、それを確認しながら説明を聞く頂く事が大事で、土地の重要事項説明よりは、少しは気が楽かも知れません。

但し、稀に、建築基準法が変わる以前に建築された中古マンションが、既存不適格なマンションである事もありますので、やはり、注意深く、重要事項の説明を受けて頂く事が必要です。

→→→ そしていよいよ、中古マンションの売買契約です。