実際に、マンションの室内を見に行きましょう!

不動産屋さんに連絡しましょう。

夢のマイホームを探す為に、下準備もしっかりできて、そして、不動産屋さんのホームページなどで気になる物件を見つけたら、どんどん、実際に、中古マンションの室内を見に行きましょう。

電話でも良いですし、メールでも良いですし、不動産屋さんにコンタクトを取って、案内希望のマンション名と都合のよい日時を伝えれば、内覧の段取りをしてくれます。

実際にマンションを見に行く際には、現地での待ち合わせが一般的ではありますが、丁寧な業者さんですと、自宅まで車で迎えに来てくれる事もありますので、小さいお子さんがいる場合には、助かりますよね。

マンションの内覧の当日

そして、いよいよ、中古マンションを実際に見に行く日がやって来ました。初めてマンションを見に行かれる方にとりましては、とっても緊張するかもしれませんが、全然、大丈夫ですよ。

まず、見に行くマンションが空室の場合は、売主さんは住んでいませんので、いくらでもじっくりと室内を見て頂く事が出来ます。

疑問点なんかがありましたら、どんどん、不動産屋さんに聞いちゃいましょう。

ただ、営業マンによりましては、若い新人さんなどは、まだあまり知識を持っていないかも知れませんので、注意が必要です。

どんどん質問をする事で、逆に、その営業マンの力量を推し量る事も出来ますので、どんどん質問をして、出来る営業マンに出会って頂き、その人に担当して貰える様に動く事も必要ですね。

将来的には、優秀な営業マンに担当して貰った方が、何事においても、絶対に良いと思います。

一方、見に行くマンションの中には、売主さんがまだ住んでおられるマンションもあります。

人が住んでいるマンションを見に行くのは、初めての場合は気が引けるかも知れませんが、でも、売主さんも色んな人が見に来る事を承知の上で売りに出しておられますので、思ったほど、気を使って頂く必要はありません。

気を楽に見に行きましょう。

とにかく多くのマンションを見に行こう

初めて見に行ったマンションが、とっても素晴らしいマンションで、運命的にひとめぼれしてしまった、なんて事もあるとは思いますが、出来れば、とにかくたくさんのマンションを見て頂いた方が良いですよ。

色々なマンションを比較して、こんなマンションもあるんだ、あんなマンションもあるんだと思いながら、徐々に自分の要望が明確になって来る事もあるでしょうし、段々と希望のマンションに近付いて行く事もあると思います。

不動産屋の営業マンは、毎月、毎月の売り上げを追っていますので、中には、案内の度に買う様に迫って来る人もいるかも知れませんが、その様な営業マンはやめておかれた方が良いかも知れません。

また、何回も何回も案内をしてもらっていると、面倒な表情をして来る営業マンがいるかも知れませんが、その様な営業マンもやめておかれた方が良いかも知れません。

基本は嫌な顔をせず、面倒臭がらずに案内してくれる人が良いですよね。

営業マンとの付き合い方のコツは、営業マンに買わない人と思われるのは良くない事ですので、見に行った後に、そのマンションのどこが悪かったのかをしっかりと営業マンに伝える事が大事です。

そうすると、その後には、要望に合ったマンションを紹介してくれる様になりますし、運命の中古マンションと出会える確率は飛躍的に増えると思います。

→→→ 運命の中古マンションに出会えたら