色んな方法で中古マンションを探しましょう!

今の時代、最も有効的なマンションの探し方は、やはり、インターネットで探す事ですよね。

これは間違いありません。不動産屋に関わる事なく、多くのマンションの詳細な情報を入手出来る事は、マンション探しの初期の段階から最終段階まで、継続して、とっても有効な中古マンションの探し方だと思います。

それでは、ホームページからだけの情報で中古マンション探しの事が足りるかと言いますと、特にエリア限定のマンションをお探しの場合や、なかなか出て来ないマンションのお部屋をお探しの場合には、その他にも有効なマンションの探し方がありますので、それをちょっとご紹介させて頂きます。

新聞折込や投函のチラシで探す!

探しているエリアから離れた所に住んでいる場合には、この方法は役に立ちません。

これは、今、住んでいる場所の近くのマンションを探している場合や、同じ学校区のマンションを探している場合に有効な探し方です。

新聞の折込広告は、不動産業者はエリアを選択して新聞の折込広告を入れますので、その折込広告に掲載されている物件情報は、地域限定のマンション情報になります。

また、住んでいるマンションの集合ポストや一戸建てのポストに手撒きで投函されているチラシは、折込広告の配布をする業者の手には掛からず、不動産業者が自社の輪転機で印刷する事が出来ますので、出て来たばかりのほやほやの新物件の情報を、その日の内に投函する事も出来るチラシになりますので、出たばかりの新鮮な物件情報を入手する事が出来ます。

情報誌で探す!

以前に比べますと、情報誌の役割は小さくなってしまいましたが、中古マンション探しの初期の段階なら、情報誌に掲載されている情報も、有意義にご覧頂く事が出来ると思います。

マンション探しの初期の段階は、たくさんの物件の情報を入手して頂く事が大事ですので、目を通して頂いても良いと思います。

営業マンからの情報で網を張っておく!

なかなか出ないマンション限定でお探しの場合は、この方法しかないと思います。

そのなかなか出ないマンションがあるエリアの不動産屋さんに、片っ端から連絡を入れて、このマンションが売りに出たら、すぐに連絡をくれる様、伝えておく事です。

マンションを売りに出す場合は、そのマンションの所有者は、必ず不動産業者に連絡を入れますので、そのエリアの不動産業者に情報の網を張っておけば、かなりの確率で貴重な物件情報が入って来ると思います。

ただ、その所有者の知り合いに不動産業者がいる場合は、そのエリアの不動産業者ではなく、違うエリアの不動産業者に情報が行ってしまうかも知れませんので、その際は、情報の網から漏れてしまう可能性もあります。

→→→ マンションの室内を見に行きましょう!